ヘルペスの種類と再発の危険性

多くの人はヘルペスと聞いたら性病を思い浮かべる方が大半でしょう。しかし実は人に感染するヘルペスウィルスは8種類も存在するといい、それぞれに発症する疾患や症状が異なります。中でも比較的多いとされるのが単純ヘルペスウィルス2型による性器の疾患と、単純ヘルペスウィルス1型による口唇の疾患です。また水痘や帯状疱疹ウイルスによる水ぼうそうと帯状疱疹の症状は、一度発症すると2度とかからないのが特徴といえます。口唇ヘルペスの症状は最初は唇や口の周りの一部が赤くなり、やがてその箇所に小さな水ぶくれができるのが特徴です。水ぶくれのできた患部は軽いかゆみを帯びて、ほてったり痛みを伴う場合もあります。初感染の場合には口唇や周りの皮膚に水ぶくれが多発して、発熱したりリンパが腫れるなどの症状を伴うこともあります。これは感染した時の体調にもよりますが、体力が低下しているなどの免疫力が弱っている時には症状が悪化しやすい傾向にあるようです。また幼少時の初感染では症状は現れないか、現れても比較的軽度であることが多いようです。一方大人になってから初感染すると症状が重症化することもあるので注意が必要です。性器ヘルペスは主に性行為が原因で発症する性感染症の1つです。男性と女性では症状に若干の違いがありますが、どちらも患部に水ぶくれや潰瘍を発生する点は共通しています。初感染の場合は比較的女性の方が重症化する傾向が強いとされ、ひどい時には発熱や排尿困難を招くことも稀ではありません。また男女ともに再発の際は小さな水ぶくれや潰瘍ができるだけの軽度で治まる場合が多いとされています。どちらのヘルペス疾患も完治した後も免疫力の低下が原因で、再びヘルペスの症状が発症することがあります。とはいえ再発の場合は初感染時に比べて症状は、軽くなっていくというのもこのウィルスの特徴といえます。

性器ヘルペスの感染拡大を防止

性器ヘルペスの拡大を防止するためには少しでも異変を感じたらすぐに医療機関を受診し、適切なケアを受ける事です。また、医療機関で適切なケアを受けてもそれ以外の部分で不衛生な箇所が残っていると性器ヘルペスは治らず、多くの人々に感染させてしまう危険性があるので服薬をしっかりと行うだけではなく、患部の清潔を保持する事が重要です。
性器ヘルペスが完治したと専門の医師から言われるまでは温泉やプール等不特定多数の人々と接触するような場所に行く事は避けた方が良いです。この状態で行くと関係のない第三者がこの病気で苦しむ可能性があります。少し状態が良くなっても勝手に判断せずに医師の許可が出てから行った方が良いです。たくさんの人と触れ合う場所を避ければ感染の拡大を防ぐ事が可能です。
性器ヘルペスを患っている時は性交渉を控える事もこれを拡大させないためには重要です。安全に配慮して行えばリスクは低くなりますが、それにかかる危険性がなくなるわけではないので控えた方が安全です。
当事者が異変を長期間にわたって放置するのではなく、すぐに適切な対応を取る事が最も大切です。長期間にわたって放置をすれば本人が苦しい思いをするだけではなく、多くの感染者を出す事になります。自覚し、早めに治療を行えば感染の拡大は容易に防ぐ事が出来ます。
人によっては恥ずかしいと感じ治療や通院をためらうケースがあります。しかし、それを許すと感染が拡大するので周囲の人間が当事者を説得し、適切なケアを受けてもらうようにした方が安全です。ケースによっては周囲の人間の努力が重要になる事もあります。
本人が早めに適切なケアを受けたり、治るまで多くの人々との肌の接触を予防すれば性器ヘルペスの拡大は防げます。

ヘルペスの治療方法と薬の服用期間

口の周りにできる「口唇ヘルペス」は、薬の服用で治療することが出来ます。薬は5日分処方されることが多いです。服用を始めて翌日には効果が現れる場合がありますが、5日間服用し続けることで、よりウィルスの活動を停止させることが出来ます。発症初期にすぐ服用を開始することで早く症状を収めることが出来ます。
性器の周辺にできる「性器ヘルペス」も、薬の服用で治療を行いますが、完全にウィルスを撃退することは出来ません。もちろん薬を服用すれば症状は治まりますが、再発を繰り返すというのが特徴的で、中には毎月のように再発する方もいます。そのため、再発するたびに薬を服用する必要があります。
子供がよくかかるイメージのある「水ぼうそう」も、ヘルペスウイルス感染症の一種です。こちらの治療法は、薬の服用と静養となります。薬を5日間程服用することで症状は治まってきます。ただ、子供の病気なので親が注意して見てあげなければ、早い段階での治療が出来ず、さらに病気を長引かせることになってしまいます。ちなみに、二次感染を引き起こす危険があるため、全身の発疹が、かさぶた状になるまで学校などに登校できません。
「帯状疱疹」もヘルペスウイルスによる感染症です。こちらも、薬を服用することで治療できます。帯状疱疹は1か月程度ピリピリとした痛みがあり、その痛みに対して我慢できない場合は鎮痛剤を併用することもあります。また、帯状疱疹は他のヘルペス感染症より症状が重いことから、薬の服用量・回数が多くなります。
ほとんどの場合、薬を服用して治療しますが、この薬はウイルスを殺すのではなく増殖を抑えるというものです。
一番大切なのは、症状を確認したらすぐ医者に診断してもらい指示に従う事です。
■通販で購入できます
バルトレックスのご購入はこちら
■人気がある性病治療薬について
ジスロマックとは