最近ヘルペスを発症した場合のキスの危険性

ヘルペスというのは、単純ヘルペスウイルスが原因となって起こる病気で、同じウイルスによるものであっても、くちびるにできるものは口唇ヘルペス、性器にできるものは性器ヘルペスと呼んで区別しています。口唇ヘルペスにかかった場合、くちびるやその周囲に小さな水ぶくれがいくつも発生して、ひりひりとした痛みを感じたり、かゆみを覚えたりすることがあります。
最近口唇ヘルペスにかかったという場合には、パートナーとキスをするなどの行為も慎んだほうがよいでしょう。それというのも、最近この病気にかかったということは、水ぶくれの部分ではウイルスがまさに増殖をしている最中であり、キスの際に水ぶくれが破られて中から膿が出てしまって、パートナーにウイルスを感染させてしまうおそれがあるからです。キスのほかにも、パートナーと同じコップで飲み物を回し飲みするなど、ともかくウイルスが拡散してしまうような行為は避けるのが望ましく、最近かかったというのであればなおさらのことといえます。
ヘルペスは放っておいたとしても自然治癒することがありますが、やはりかゆみや痛みをがまんするにも限界があるので、皮膚科などを受診して、抗ヘルペスウイルス薬を投与してもらうのよいといえます。この薬を服用すれば、ウイルスは増殖できなくなりますので、水ぶくれの腫れも引いてかさぶた状になり、やがて消えてしまいます。
ただし、いったんこのウイルスに感染してしまうと、体内から完全に追い出すことは困難で、いつでも再発してしまうおそれがありますので、特に仕事などでストレスを溜め込んだり、かぜなどをひいて免疫力を低下させたりすることのないようにしなければなりません。