痰や口臭でヘルペスかどうかを判断することが出来る

痰や口臭を調べることでヘルペスかどうかを判断することが出来ます。基本的に、ヘルペスと言うのは一つの病気を現しているわけではなくいくつかに分類することが出来ます。性器ヘルペスを含めると8種類のヘルペスに分類することが可能で、その中でも最も感染率が高いの単純ヘルペスと呼ばれるものです。単純ヘルペスにかかってしまうとそこから性器ヘルペスに移行してしまうことになるので注意をしなくてはいけません。基本的に、大人の人は単純ヘルペスを持っている人が多いです。こうした症状がわかりやすく、免疫機能が低下したときに症状が出てくることがあるので疲れたときに唇にかさぶたができたりすると症状にかかっていることがわかります。潜伏期間は二日から七日程度と幅が広く、再発の危険性も高い病気であるため一度発症するとこれからの生活に注意をしなくてはいけません。特に、大人はウイルスを子供に移さないようにして生活をしなくてはいけません。子供が大人からウイルスを貰って発症すると初期段階で38度から39度の発熱を感じるようになります。口の中に口内炎が出来始まるようになりますので、歯茎から出血も始まります。そして、強い痛みが伴って口内の分泌物が多くなるのも特徴で、この段階でウイルスにかかったときの特有の臭いを感知できるようになります。口臭がわかりやすくなったり、また痰が良く出るようになるので注意が必要です。特に、大人は子供にウイルスが移ったり侵入したりしたときには単なる風邪と勘違いをしないようにこうした口臭や痰を頼りに病気の区別を判断しなくてはいけません。自身でわからないときには病院に連れて行って治療の判断をしてもらうことが最適です。